So-net無料ブログ作成
検索選択

またひとつ 巨星 堕ちる [ニュース]

まさかもう見られないなんて思いもしなかった
昨年の武道館まで行くべきだった チケット無くてもね

もう一度 RCのボーカリストとして見たかったなぁ

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=ent&aid=p-et-tp0-090503-0004


清志郎さんフォークからロック、R&Bに
  清志郎さんの歩み
 ▼66年 中学の同級生と共に、RCサクセションの前身となるバンド、ザ・クローバーを結成。
 ▼69年 RCサクセションとして、東芝主催の「カレッジ・ポップス・コンサート」オーディションに合格。
 ▼70年 RCとして「宝くじは買わない」でデビュー。
 ▼73年 友人の井上陽水と共作した「帰れない二人」「待ちぼうけ」を収録した陽水のアルバム「氷の世界」が日本初のミリオンセラーに。
 ▼78年 仲井戸麗市らがRCにサポートメンバーとして参加。路線がフォークからロック、R&Bに。
 ▼80年 RCのシングル「ボスしけてるぜ」が主に中小企業経営者からの苦情で有線放送で放送禁止に。
 ▼81年 RCとして初の日本武道館単独公演。
 ▼82年 資生堂のキャンペーンソングとして坂本龍一と組んだシングル「い・け・な・いルージュマジック」がヒット。濃い化粧の男同士がキスしたPVも話題に。音楽番組「夜のヒットスタジオ」でガムをカメラに向かって吐くなどの悪ふざけをし、放送局に抗議の電話が殺到。
 ▼87年 初のソロアルバム「RAZOR SHARP」をリリース。
 ▼88年 所属の東芝EMIから発売予定だった反戦、反核、反原発などを歌った全曲カバーアルバム「COVERS」を制作したが、歌詞がネックになって急きょ発売中止に。その後、キティレコードから発売。
 ▼89年 FM東京がRCやザ・タイマーズの曲を放送自粛。措置に抗議するため、生放送の音楽番組で突然、同局を批判する内容の歌などを歌った。
 ▼91年 RCが無期限活動休止に入る。
 ▼95年 竹中直人監督作品「119」で、日本アカデミー最優秀音楽賞受賞。
 ▼99年 ロック調にアレンジした「君が代」収録に所属のポリドールが難色を示したため、インディーズから発売される。
 ▼00年 日本武道館で30周年記念イベントを開催。
 ▼03年 TOKYO FM主催コンサートで「あこがれの北朝鮮」の替え歌などを歌い、中継が中断。
 ▼06年 喉頭(こうとう)がんと診断され、活動を休止。療養生活に入る。
 ▼07年 年明けすぐに全快宣言し、1月に石田長生のライブにゲスト出演後、徐々に活動を再開。
 ▼08年 2月に「完全復活祭」と名付けた約2年ぶりの単独ライブを日本武道館で開催。7月、左腸骨へのがん転移が認められ、ライブ活動をすべてキャンセル。再び療養生活に入る。11月に米国のR&Bバンドのステージに飛び入り出演。間寛平の世界一周「アースマラソン」の応援歌を手掛け、レコーディング。
 ※社名は当時。
- 日刊スポーツ [05/03(日) 10:15]


2009-05-03 12:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。